May 2004 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2006年も宜しくです♪最近はmixiとカラオケにうつつを抜かしていますが(^^;

May 08, 2004

Similarity Search の jscacheを使ってみる

ふにゃっ?トラックバックがblog.bulknews.netさんの「Similarity Search の負荷軽減に jscache」から、おひらの「Bulkfeeds: Similarity Search をつけてみた」にきている。
いったい?と覗きにいったおひらであったりする。


ふにふに・・・
どーやらBulkfeedsさんのサイトの負荷軽減対策CGIらしい。
確かに負荷かかるだろーなぁ、おひらのサイトはそんなにアクセス多いトコじゃないけれど、大きいとこからだと毎回アクセスされると負荷は多くなるのは実情である。
キャッシュを自分のポケットにもてるよーになるってとこだな。

設定次第で山ほど連続アクセスとかされてもそのエントリについては設定時間おきにしかBulkfeedsさんへアクセスしないらしい。うにうに、と設置。

Similarity Search の負荷軽減に jscache」からjscacheをダウンロードして、適当に名前を変えて設置。
そのままデバックモードだと500エラーがでるので、ゆいさんとこのCGIパッチワークからdebug.cgi「(質問2)telnetは使える環境ですか?」の中からダウンロードできます。説明もここ)を使用して、LWPのInstall確認を含めメッセージを確認してみる。
(debug.cgiは今回試験するCGIと同じデイレクトリに入れる。また後ろのパラメータもそのままつける)

確認するときは、たとえば、後ろのパラメータは必須である。Individualアーカイブの作成結果のソースのどれかを見本にしてそのまま後ろをつければOK
最後にdebug.cgiを削除して、デバッグモードをオフにして再アップロードしておしまい♪

感謝(ぺこ)

Individualアーカイブフルリビルドしよーっと・・・
他のも全部コレに移すか・・・Amazonとかgoogleとか・・うにゅう

現在、http://bulkfeeds.net/app/similar.js と記述している部分を、設置したCGIのURLにということで・・・、
おひらのCGIは他のJavascript呼び出しのにも使用できそーなら♪と名前の後ろにbulkfeedsとつけたあったりする。ま、これはおひらの覚書なので余談だ。



<script language="JavaScript" src="http://bulkfeeds.net/app/similar.js?url=<$MTEntryPermalink encode_url="1" category_type="Individual"$>&amp;n=5&amp;style=lite&amp;oe=euc-jp&amp;noheader=&amp;target=_blank"></script>

<script language="JavaScript" src="/proc/jscache/jscache_bulkfeeds.cgi?url=<$MTEntryPermalink encode_url="1" category_type="Individual"$>&amp;n=5&amp;style=lite&amp;oe=euc-jp&amp;noheader=&amp;target=_blank"></script>

にしたりしている。

Posted by Yacchan at May 8, 2004 12:43 AM Clip!! IB Blog
トラックバックURL:

コメント&トラックバック(直近6件まで表示、全0件)
コメントする









edit for admin